介護福祉士とホームヘルパーの違い&それぞれの特徴

介護福祉士

国家資格を有する介護福祉士は、心身の問題で日常生活を送ることが困難な人に対して、サポートを行うことが使命です。実際に補助することもあれば、要介護者やその家族に対してアドバイスを行うなど、介護の場を取り仕切る役割があります。

ホームヘルパー

病気や障害によって生活を送ることが困難な人の元を訪れて、家事を行うのがホームヘルパーです。訪問介護員ともよばれるホームヘルパーには1級から3級までのランクがあり、家事の他にも通院の付き添いや身体介護を行うこともあります。

介護職の求人情報をチェックする前にまずは資格取得を目指そう!

男女

介護士として働くために必要な資格

一口に介護職といっても、職種や働き方は様々です。老人ホームで介護の仕事に就くのであれば特別な資格は必要ありませんが、介護士として働きたいのであれば専門的な勉強が必要となります。特に介護の現場でリーダーとして働きたいという人は、最低限介護福祉士の資格は取得しておきましょう。国家資格である介護福祉士の資格を取得するには3年の現場経験と研修が必要となるので、老人ホームで日払いバイトをしながら資格取得を目指すという方法も有効だといえます。

求人誌

介護の仕事の内容とは?

介護士は、自力で生活をおくることが難しい高齢者の食事や入浴、排泄の手助けをすることが主な仕事です。また、介護食を作ったり、車椅子からベッドへスムーズに移動する方法を職員に指導したりするなど様々な業務があります。介護に関する知識や技術だけでなく、リーダーとしての素質も必要となるので、マネジメントに関するスキルも求められるでしょう。介護に携わる仕事としては、介護士の他にもホームヘルパーや看護師、言語聴覚士といった専門職もありますし、医療事務などの仕事でも介護に携わることができます。それぞれの業務内容を比較して、自分に合った仕事を見つけましょう。

Jobs

介護職に就くメリット

近年は介護職の求人数自体も増えていますが、少しでも多くの介護士を確保しようと、高待遇の所が増加しています。また、新たな高齢者施設も続々と建設されているので、働き口に困ることはありません。さらに、万が一自分の家族が要介護状態になったとしても、介護職の仕事をしていればスキルや経験を役立てることができるので安心です。介護職のメリットは、なんといっても心身の弱った人が回復していく様子を間近で見守りながらサポートできるという点です。自分のサポートで要介護者の笑顔を取り戻せた時には、至上の喜びを感じることができるでしょう。

[PR]
医療事務の求人は札幌で公開されている!
スキルアップするなら今!

社会貢献できる介護職には魅力が沢山詰まっている

人から必要とされる仕事をすることで、やりがいを感じることができるというのも介護職の魅力だといえます。高齢者と接することで人生の先輩から学べることも多いので、介護士としてだけでなく人として成長することもできるでしょう。介護の仕事は、人に与えるだけでなく与えられるものもたくさんある魅力的な仕事だといえます。

[PR]
医療事務のの求人は栃木にある★
働きやすい職場が登場♪

介護職の求人情報はインターネットでチェック!

介護職の求人情報が増えている現在、全ての情報をチェックすることは容易ではありません。インターネットの求人サイトであれば、全ての情報に目を通さずとも条件検索ができるので、希望に合う求人情報だけをピックアップしてじっくり比較してみましょう。

[PR]
介護士の日払い求人を多数紹介
最良の職場がきっと見つかる

広告募集中